自動車の歴史

夜の渋滞

自動車(以降車)とは、1769年頃フランスの軍事技術者が発明した蒸気の動力で走る蒸気三輪自動車は車の起源とされています。

エンジンを搭載した車は1870年オーストリアの発明家が発明し、1876年にはドイツの技術者が改良し1890年に販売を開始しました。

現在のように量産体制になったのは、1907年にアメリカにて発明し大量生産が可能となり富裕層の所有物だったにが、大衆の所有可能となった為、車産業は巨大なものになりました。

日本においては1904年に電気技師によって制作され、その後様々なメーカーにて開発が進み現在の状況まで発展致しました。

便利な乗り物
自動車とは、主にガソリンを燃料として使い動力を得て、人や物資を輸送する乗り物です。

自動車の発明によって、物資の長距離輸送や人の移動が容易になり、人類の生活は格段に便利になりましたが、作動時に排出する二酸化炭素が地球温暖化の大きな原因となっていて問題視されています。

近年では、そのような問題を解消するためにガソリンだけでなく、電気や水素、最先端ではミドリムシを動力として使用するものが開発されています。

自動車カーナビの活用法
自動車のカーナビは、自分の位置が正しく正確にわかり迷うこと無く、目的地に最短距離で着くことができます。万が一間違ってしまったとしても別のルートで戻ることができます。

目的地以外にも近くのコンビニやレストラン、ガソリンスタンドなどの情報も簡単にわかりますし、音声ガイドがありますので画面を見ることなくより安全に運転が可能です。携帯電話からインターネット、情報システムを使い天気やニュースの最新情報を得ることもでき、必要な機器をつけるとTVも見ることができます。

 


カーナビの現状

車内からのトンネル

自動車の走行時に現在地や目的地への経路表示や案内を、電子的に表示する装置がカーナビゲーションシステムです。最近ではカーナビと略した表現で呼ばれる機会が多くなっています。

比較的高額なセットから廉価な携帯型まで豊富な種類が出回っていて、目的に合致した機種を購入することが出来ます。

個人が自家用車に取り付けてレジャーの際の道案内として使うのは勿論ですが、企業などでは社有車に取り付けることで無駄な遠回りを減らすなど運行管理の合理化を図り、燃料費等の節約にも役立てることが出来ます。

運行管理の概要
運行管理は、タクシーやトラックなど人や物を自動車を使って輸送する際に、適切に仕事が行われているかを管理する手法になります。

管理項目として、運転手の名称や健康状態、何時から何時まで目的地にいっていたかなど様々な項目があります。最近では、カーナビをつかってルートや時間の情報を追跡することが可能になっています。

運行管理によって、万が一、事故やトラブルが発生した時にこれを追跡することで、無理がなかったかとか正しく輸送されているかがわかるようになっています。

自動車の運行管理はカーナビで完璧
業務用のカーナビでは、SDカードに走行データを記録や収集することできるほか、企業側で配送先や配送淳のデータをSDカードに入力しておくと、登録することが可能です。このような機能を活用することによって、自動車の運行管理をすることが可能です。

このようなシステムを活用することによって、運行を管理することができ、また、間違った配送先に配達されるようなことがなくなります。そのため、企業にとっては、大変便利なシステムです。

運行管理の必要性
運行管理は、事故防止のために必要性が高いです。特に車や電車、飛行機や船舶などといった一つの事故が大惨事を招くものについてはきっちりと規定する必要があります。そのために法律も整備されていて、間違いがないように各社万全を尽くしています。

乗客の利便性を高めるためにも運行管理は必要性が高く、きっちりと管理することによってスムーズなダイヤを実現し、業務効率をアップさせているという側面もあります。運航便の予定を知ることで、乗客が時間のロスを防ぐこともできます。